女性用の白髪染めについて

女性の白髪染めについて

髪の毛は女性にとって”命”ともいわれるぐらい、大切にされています。失恋した時やおしゃれをしたい時等、髪の毛を染めて色を変えたり、髪の長さを変えてみたりと女性の心に大きな影響を与える存在ですね。現代では若い女性からご年配の方までと、幅広く髪の毛に気をつかっている方が多いのではないでしょうか?無添加白髪染めランキングはこちら

そんな髪の毛に白髪が生え始めた時、貴方はどうしていらっしゃいますか?

そもそも女性の白髪って出産後から少しずつ増えてきたという話を聞いた事がありませんか?

それは、体内で赤ちゃんを育てる為に体内のカルシウム等の色々な栄養を送っているのですが、お母さんがしっかりと栄養のある食事やカルシウムの摂取をしていないと、赤ちゃんの栄養で送られてしまう為、母体の体に栄養素が足りなくなってしまうからです。要するに髪の毛の栄養もとられてしまうのです。

また、女性がもっとも白髪の増える時期として更年期があげられます。原因はホルモンのバランスが低下し、体内で作り出される血液量が減ってしまう為に髪の毛に栄養がいきわたりにくくなるからだと言われています。

そして全年齢共通で女性が白髪になりやすいのは、「血液の不足している時」だそうです。髪の毛への栄養を送り込む血液が不足することは、髪の毛の栄養失調を引き起こしている状態です。貧血症の方が白髪が多いのもこの理由なのです。

そんな女性の白髪の為に最近は色々な白髪染めが出てきています。ヘアカラー、ヘアマニュキア、一時染め、シャンプータイプ等色々ありますが、それぞれメリット・デメリットがあるので、自分にあったタイプを選んでおしゃれを楽しめたらいいと思います。それぞれタイプ別にご紹介しますので参考にしてみてください。

ヘアカラー


髪のメラニン色素を分解して脱色させて、染料を髪の内部へ浸透定着させるタイプ。黒髪も白髪も安定して色が付き、効果が長持ちします。分解脱色をする事が原因で髪や頭皮を傷めやすいデメリットがあり、更に肌が炎症を起こしてしまう可能性があるので、パッチテストを行うことが不可欠です。白髪をきちんと染め上げたい方、色を長持ちさせたい方にオススメですね。

ヘアマニキュア


髪のメラニン色素を分解脱色せず、染料を髪の表面にだけ浸透・吸着させるタイプ。白髪はしっかりと自然な色に染め上がり、黒髪は染料の色を吸収して微妙に色が変わります。分解脱色を行わない為ヘアカラーより髪や頭皮を痛めにくく表面をマニキュアコーティングするのでキューティクルを損ねることなく染め上がります。

白髪と黒髪の色が微妙に違うことと色持ちが短いデメリットがあります。表面に色を乗せているだけなのでシャンプーなどで落ちていきやすいです。髪の傷みが気になる方、パッチテストで異常が出た方にオススメですね。

一時染め


スプレーやスティック等で髪の毛に直接塗布して色を一時的に変えるタイプ。あくまで一時的に色を塗るだけなのでシャンプーで落ちます。簡単に素早く白髪を隠せる一方、水で落ちやすいので注意が必要となってきます。効果が続かない、これが一番のデメリットです。染め直すまでの一時しのぎににオススメですね。

シャンプータイプ


最近急激に増えて来たシャンプータイプ。毎日の洗髪を白髪染めシャンプーに変えるだけのお手軽さで人気です。毎日シャンプーで染めていく為、根元部分の白髪が気になることがありません。シャンプータイプは徐々に染め上げていくので白髪が見えにくくなるまで20~30日程度かかってしまう事と徐々に自然な感じに仕上がるので変わった感が強くないことがデメリットです。